ラウンジスレより転載

インストール(Linux) [edit]

パッケージが用意されているディストリビューション [edit]

既にパッケージになっている場合はそれを使えばよい。

Arch Linux
boinc (ArchWiki)
Debian
boinc-client boinc-manager (Debian Wiki)
Fedora
boinc-client boinc-manager (BOINC Wiki)
Gentoo
sci-misc/boinc (BOINC Wiki)
Mandriva
boinc-client boinc-manager
OpenSUSE
boinc-client boinc-gui
PCLinuxOS
boinc-client boinc-manager
Ubuntu
boinc-client boinc-manager (Ubuntu Wiki)

ディストリビューションのパッケージで .desktop ファイルを用意していれば、メニューから BOINC Manager で GUI の起動が可能。

普通にインストール [edit]

  1. http://boinc.berkeley.edu/ 経由でBOINCパッケージ(boinc_VERSION_{i686|x86_64}-pc-linux-gnu.sh、VERSIONはバージョンナンバーに置換)をダウンロード (各プロジェクトのダウンロードリンクが切れている場合が多いので、その時はhttp://boinc.berkeley.edu/download_all.phpからダウンするといいよ)
  2. 汚していいディレクトリの下にBOINCパッケージを持ってくる
  3. コマンドプロンプトを立ち上げ、cd コマンドでBOINCパッケージのある場所に移動
  4. コマンドラインから
    $ sh ./boinc_VERSION_i686-pc-linux-gnu.sh
    または
    $ sh ./boinc_VERSION_x86_64-pc-linux-gnu.sh
    とすると、その下にBOINCという名前のディレクトリが出来る。
    シェルスクリプトから自動でインストールする場合はShellInstaller?から。
  5. 出来たBOINCという名前の中のboincをバックグラウンドで動かせば、Xを使わず動かすことが出来る。
    $ ./boinc&
    として
    $ ps -A | grep boinc
    で「boinc」で始まるプロセスが表示されれば無事動いている。

下記の FreeBSD の場合同様、以下のエラーが出て参加にに失敗した場合、

Scheduler request failed: Peer certificate cannot be authenticated with known CA certificates

ここ から証明書 ca-bundle.crt をダウンロード。

$ cd /var/lib/boinc-client
$ sudo mv ca-bundle.crt boinc-bundle.crt.org
$ sudo mv ~/Desktop/ca-bundle.crt ./
$ sudo chown root:root ca-bundle.crt

こんな感じで特に BOINC の再起動も必要なく参加できました。

64bit システムでの注意点 [edit]

プロジェクトの中には、アプリケーションが 32bit 版しか提供されていないため、宿題その物の実行やグラフィックスの表示に 32bit ライブラリが必要なものがあります。宿題の実行には glibc とか glib とか、グラフィックスには X 関連の pango、xdamage、libxi、libgl、libxmu およびそれらが依存するパッケージとかがあれば良さげな感じです。

UbuntuやDebianでは $ sudo apt-get install ia32-libs UbuntuやDebianでは

$ sudo apt-get install ia32-libs

をやっておくと安心かも

ソースからビルド [edit]

自分でパッケージにしてパッケージ管理下に置きたいあなたのためのコーナーです。GentooのebuildなりFedoraのspecファイルなりDebianなりの既存のパッケージを参考に以下の情報で作成して見てください。 ソースコードの入手:

$ svn checkout http://boinc.berkeley.edu/svn/tags/boinc_core_release_${バージョン//./_}/
  • 依存関係 (boinc-clientおよびboinc-manager使用の場合)
    • ca-certificates
    • openssl
    • curl
    • util-linux-ng
    • zlib
    • sqlite3
    • freeglut
    • libjpeg
    • wxgtk または libwxgtk
  • ビルド時のみ必要なもの
    • libxslt
    • pkgconfig
    • perl-xml-sax
    • subversion
    • gcc とか make とかのビルド環境 (Debian、Ubuntuのbuild-essentialみたいなの)

他に以下のような留意点があります。

  • _autosetup は LC_MESSAGE=ja_JP.* の状態で実行すると GNU make のバージョンチェックが失敗するので LANG=C/LC_ALL=C 指定で行う必要がある。
  • gtk2 関連のインクルードファイルチェックがシカトされているので CXXFLAGS で指定してあげる必要がある。
  • コンパイルオプションに -D_FORTIFY_SOURCE=2 を指定した場合、ビルドに失敗する問題のパッチ (BOINC 7.0.28)。
  • boincmgr の詳細表示モード時にメニューバーが正常に表示されない問題のパッチ (BOINC 7.0.28)。このパッチを当てなくてもウィンドウサイズを変更すればメニューは表示される。

ビルド手順 (サーバなし、GUIあり)

$ CFLAGS+=" `pkg-config --cflags gtk+-2.0`"
$ CXXFLAGS+=" `pkg-config --cflags gtk+-2.0`"
$ LDFLAGS+=" `pkg-config --libs gtk+-2.0` -lX11"
$ LC_ALL=C ./_autosetup
$ ./configure --prefix=/usr \
              --sysconfdir=/etc \
              --localstatedir=/var \
              --disable-server \
              --with-wxdir=/usr/lib \
              --enable-unicode \
              --with-x \
              --with-wx-config=$(which wx-config) \
              --with-ssl
$ make
# make install

SVNリポジトリは、たとえリリース済みの安定版リリースのブランチであってもしれっと更新されるので注意 (上記注意点でもうまく行かないかもしれないし、一部またはすべてが要らないかもしれない)。

その他

  • libcudart.so と ca-bundle.crt は make install ではインストールされないので別途インストール要。それぞれのありかは以下の通り。
    boinc_core_release_${バージョン//./_}/coprocs/CUDA/posix/(i686|x86_64)-pc-linux-gnu/libcudart.so
    boinc_core_release_${バージョン//./_}/curl/ca-bundle.crt

インストール(FreeBSD) [edit]

WCG,TANPAKU,Rosettaにて確認

参考URL http://people.freebsd.org/~pav/boinc.html

/usr/ports/net/boinc-client/Makefile の34行目、CONFIGURE_ARGS にパラメータを1つ追加します。

CONFIGURE_ARGS= --disable-server --with-boinc-platform=i686-pc-linux-gnu

でもって普通に make; make install です。

実行時には、カーネルの設定も変更します。

sysctl kern.elf32.fallback_brand=3
/etc/rc.conf に boinc_enable="YES" を追加
/usr/local/etc/rc.d/boinc の boinc_user=boinc を boinc_user=root に変更(rootでプロジェクトにattachする場合)

あとは /usr/local/bin/boinc_client を普通に起動します(rcにスクリプト入ってるので次から自動起動)。


WCG参加時に、

Scheduler request failed: problem with the SSL CA cert (path? access rights?)

が出て参加に失敗したときは、

  1. 一旦projectをdetach
  2. http://boinc.berkeley.edu/dev/forum_thread.php?id=1783 の下の方のTry hereなリンクからca-bundle.crtという証明書をダウンロードし、 /var/db/boincに突っ込む (http://boinc.berkeley.edu/trac/wiki/ErrorReferenceのDownload the missing file.からも、  ca-bundle.crtが入手可能) →2010年2月現在、ここ(http://boinc.berkeley.edu/trac/wiki/Error/Scheduler%20request%20failed)のDownload the missing file.からDL可。
  3. projectにattach
  • attachできて、WUも降ってきたのに"ELF binary type "0" not known."と表示されて動かない場合 linux環境がない(?)と言われているので、 emulators/linux_base-fc4 をportsで入れる。 rc.conf に linux_enable="YES" と追加しておくのを忘れずに。

WCGに参加 [edit]

パッケージなどでインストールしてBoincManager?があればそこからWindowsのように実行可能。 1-4の作業はBOINCを実行するマシン上で行う必要はないが、5から先はBOINCを実行するマシン上で行うこと。

  1. (登録していないなら)WCGのユーザ登録を行う。入力方法はhttp://team2ch.info/WorldCommunityGrid/ 参照。 2つめの画面(Download)まで行ったら一度ホームに戻る。
  2. 「マイ・グリッド」(My Grid)からサイン・インする。
  3. マイ・グリッドページから「マイ・プロファイル」ページに移動。
  4. 下の方にある BOINC アカウント・キー: の後の32文字の英数字(アカウントキー)を記録しておく。
  5. コマンドプロンプトを立ち上げ、cd コマンドで先ほど BOINC をインストールした場所((汚していいディレクトリ)/BOINC) に移動。パッケージ管理や手前ビルドでシステムワイドにインストールした場合はそれぞれで設定したディレクトリへ。
  6. BOINC をまだ動かしていないなら動かす。動かし方は後述の[実行]を参照。
  7. コマンドラインから
    ./boinccmd --project_attach http://www.worldcommunitygrid.org (アカウントキー)
    例: アカウント・キーが 0123456789abcdeffedcba9876543210 だったら
    ./boinccmd --project_attach http://www.worldcommunitygrid.org 0123456789abcdeffedcba9876543210

実行 [edit]

  • いつでも実行していいなら、コマンドラインから
    (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client -daemon
    とするとdaemon(サービス)として動き出す。常時接続の人は
    (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client -daemon -return_results_immediately
    しておくといいかもしれない。 マシンの起動と同時に起動する場合は、cronを使う。具体的にはcrontab -eを実行して
    @reboot (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client -daemon -return_results_immediately >/dev/null 2>&1
    という1行を加えればよい。
  • 必要なときに動かしたい場合は
    (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client &
    とするとバックグラウンドジョブとして動き出す。バックグラウンドジョブの終了方法は、
    ./boinccmd --quit
    か BOINC Manager の[高度な操作]-[Shutdown connected client]で終わらせる。

遠隔操作 [edit]

boinccmd でも一通りの操作はできるが、状態を詳しく見たい場合は遠隔操作がお薦め。 BOINC を実行する前に (汚していいディレクトリ)/BOINC/remote_hosts.cfg に操作元の マシンのIPアドレスを書いておく。BOINCはTCPの31416番ポートを利用するので、 LAN 側にもファイアウォールを立てているなら受け入れられるように設定を変更すること。 http://team2ch.info/BOINC_Manager/#v2d2ea73 等を参照。

保守 [edit]

操作のほとんど全ては ./boinccmd を叩けばよい。./boinccmd --help でコマンド一覧が出るので参考にすること。 よく使う操作の一覧は以下の通り。

  • 常時実行させる・サスペンドから復帰:
    ./boinccmd --set_run_mode always
  • サスペンド:
    ./boinccmd --set_run_mode never
  • WCGの手動更新:
    ./boinccmd --project http://www.worldcommunitygrid.org update
  • BOINCを終了:
    ./boinccmd --quit

プロクシ(Proxy)経由 [edit]

client_state.xmlに書き足す。

<proxy_info>
   <use_http_proxy/>
   <http_server_name>proxyserver</http_server_name>
   <http_server_port>proxyport</http_server_port>
</proxy_info>

バージョンアップ [edit]

http://www.spy-hill.net/~myers/help/boinc/unix.html

↑の一番下を参考に

コメント [edit]

コメントはありません。 Comments/Linux?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-05 (水) 20:25:29 (75d)