• 終了したプロジェクト? 上記内に、招待コードが必要なプロジェクトのリストあり

人気のあるプロジェクト [edit]

活動人数順

活動人数順プロジェクト名活動人数GPU対応分類
1WorldCommunityGrid4,000医療系
2SETI@Home692天文系
3Rosetta@Home380×医療系
4PrimeGrid304数学系
5MilkyWay@home200天文系
6Collatz Conjecture153数学系
7Einstein@Home153天文・物理系

※活動人数は2012/03/31時点

功績順プロジェクト名功績比率GPU対応分類
1WorldCommunityGrid33.45%医療系
2DNETC@HOME17.43%暗号・数学系
3MilkyWay@home15.43%天文系
4Collatz Conjecture14.31%数学系
5SETI@Home6.93%天文系
6GPUGRID3.80%生物系
7PrimeGrid3.25%数学系

※功績比率は2010/12/30時点

生命科学系プロジェクト [edit]

World Community Grid [edit]

World Community Grid (WCG)とはIBMの援助で発足したプロジェクトで、 目的は人類に貢献するプロジェクトに取り組むための、世界最大の公的コンピューティング・グリッドを構築することです。 World Community Grid には、2014年12月12日現在 下記のプロジェクトが存在します。

プロジェクト名内容開始日終了日
Outsmart Ebola Togetherエボラを打ち負かす2014年12月3日
Uncovering Genome Mysteriesゲノムミステリーを暴く2014年10月16日
Mapping Cancer Markers腫瘍マーカーの同定2013年11月8日
The Clean Energy Project - Phase 2次世代太陽電池のための新素材発見(2)2010年6月28日
FightAIDS@HomeHIVの新しい候補薬の特定支援2005年11月21日
Computing for Sustainable Water健全で持続可能性ある水資源の回復手法の探索2012年4月2012年10月17日
Say No to Schistosoma住血吸虫症治療薬候補特定2012年2月22日2014年9月30日 New!
GO Fight Against Malaria多剤耐性マラリア治療薬候補特定2011年11月14日2013年6月25日
Drug Search for Leishmaniasisリーシュマニア症治療薬候補特定2011年8月31日2013年10月18日
Computing for Clean Waterより低コストで効率的な水フィルターの開発2010年8月24日2014年4月25日
Discovering Dengue Drugs - Together - Phase 2デング熱その他関連ウイルスの治療薬候補特定(2)2010年2月18日2010年4月
Help Cure Muscular Dystrophy - Phase 2筋ジストロフィー治療支援(2)2009年5月13日2013年5月6日
Influenza Antiviral Drug Searchインフルエンザ抗ウイルス薬の探索2009年5月2009年11月9日
Help Fight Childhood Cancer小児がんの治療薬開発2009年3月16日2014年7月2日 New!
The Clean Energy Project次世代太陽電池のための新素材発見2008年12月2009年10月
Nutritious Rice for the World栄養価の高い米を世界に2008年5月2010年4月
AfricanClimate?@Homeアフリカ気象研究2007年8月2008年6月
Discovering Dengue Drugs - Togetherデング熱その他関連ウイルスの治療薬候補特定2007年8月2009年8月
Help Conquer Cancerがん治療に役立てるためのX線結晶構造解析の改良2007年11月6日2013年5月
Help Cure Muscular Dystrophy筋ジストロフィー治療支援2006年12月2007年6月
Genome Comparisonゲノム比較2006年11月2007年7月
Help Defeat Cancerがん撲滅支援2006年7月2007年3月
Human Proteome Folding - Phase 2タンパク質構造予測の限界探索支援(2)2006年6月23日2013年6月
Human Proteome Foldingタンパク質構造予測の限界探索支援2004年11月2006年6月

詳しい説明と導入方法はこちら

Rosetta [edit]

蛋白質立体構造ならびに蛋白質-蛋白質間と蛋白質-リガンド相互作用を予測し設計することを目的とします。 私たちの最終的なゴールは、正確に蛋白質立体構造とその複合体を予測し設計する手法を確立し、 HIV/エイズ、ガン、マラリア、アルツハイマーなどのような人間の難病に対する治療法に一役買うことであります。

詳しい説明と導入方法はこちら

RALPH@home [edit]

Rosetta@home次期バージョンのαテスト

Correlizer [edit]

ゲノムの配列と三次元構造に関連性を探る

DrugDiscovery@Home [edit]

GPU対応

新薬開発 現在はインフルエンザ関連の解析?

Najmanovich Research Group [edit]

MalariaControl.net [edit]

【疫学】マラリアの伝染経路および健康結果のシミュレーション 新規アカウント作成には招待コードが必要だったが、2009/09に受付を再開した。

MindModeling@Home (Beta) [edit]

生命科学系プロジェクト 認知過程のモデリング 人間の「行動」や「学習」はどのようにして可能になるのか、適切になるのか、その仕組みと過程を明らかにしていくことが目的。

RNA World (beta) [edit]

RNA関係 すべての有機体のRNAファミリーを系統的に特定する。 将来的には、生物情報科学データベースに情報提供をする。

最近では、miRNAと呼ばれる小さなRNAが、ヒトの細胞内で起こる制御に大きく関与しているのでは? と考えられており、 ガンの種類の多くはmiRNAの機能が失われることによって起こるのではないかと考えられています。 その上、細胞の制御を変えて病気にしてしまうためのmiRNAを連れてくるウイルスも発見されています。 RNAを研究することで、将来の人々の健康につなげることが目的です。

SAT@home [edit]

別々の機能逆転問題、別々の最適化、バイオ情報科学、その他)を解決するため

天文学系プロジェクト [edit]

SETI@Home [edit]

GPU対応

BOINCと深い関係がある。 地球外生命体(宇宙人)を探すプロジェクト。 硬いが、宿題の提出期限は2ヶ月くらいあるのでどんなPCでも参加しやすい。 ※2008/11現在、提出期限約1週間と4週間のWUが混在している。また、別プロジェクトのAstropulseは一ヶ月。

最適化プログラム?が存在し、場合によってはより効率的にWUを消化できる。

下記のチーム名は「2ch」であり疑似Team 2chであり、Team 2chの統計には反映されない模様。

SETI@home/AstroPulse Beta [edit]

SETI@Home ベータ版テスト

Constellation [edit]

人工衛星の軌道計算や惑星探査機器の研究

Cosmology@home [edit]

宇宙マイクロ波背景放射の非等方性を調べるプロジェクト。 2009/08/30現在、獲得クレジット固定420。1WUあたり最大700MB程のメモリを使用する。

MilkyWay@home [edit]

GPU対応

天の川銀河の進化モデルを構築

最適化プログラム?が存在し、場合によってはより効率的にWUを消化できる。

Asteroids@home [edit]

GPU対応

Universe@home [edit]

宇宙の根本的な問題に対する研究(星の誕生や超新星爆発など)

化学系プロジェクト [edit]

IBERCIVIS [edit]

詳細 プラズマ核融合のシミュレーション、薬物分子組成?のシミュレーション、結晶構造のシミュレーション等

QMC@home [edit]

【量子化学】モンテカルロ法を用いて量子化学方程式を解く

生物系プロジェクト [edit]

Docking@Home [edit]

タンパク質-リガンド相互作用の研究

GPUGRID [edit]

GPU対応

グラフィックボードを使った分子シミュレーション 詳しい説明と導入方法はこちら PS3にLinuxをinstallしても参加できる。 ←できなくなりました

CUDA対応のNIVIA系のグラフィックボードが積んであるPCが必要。

This is performance guide of nVidia graphic cards on PS3GRID: GeForce? 280GTX: 25000 sec/WU GeForce? 260GTX: 28000 sec/WU GeForce? 9800GTX: 47000 sec/WU GeForce? 8800GTS512: 50000 sec/WU GeForce? 8800GT: 58000 sec/WU GeForce? 9600GT: 70000 sec/WU GeForce? 8800GS: 74000 sec/WU

Donate@Home [edit]

GPUを使う。 GPUGRIDの派生プロジェクト。AMD,NVIDIA両GPUで参加可能。

POEM@HOME [edit]

Protein Optimization with Energy Methods(たんぱく質解析系)

SIMAP [edit]

たんぱく質の類似性データベースの構築 しばしば宿題が球切れになって休止する。ほかのプロジェクトとの掛け持ちを推奨。 柔らかめ Similarity Matrix of Proteinsについて@Protein structural analysis room Japan

最適化プログラム?が存在し、場合によってはより効率的にWUを消化できる。

下記のチーム名は「Team2ch」でありTeamと2chの間に半角スペースがない疑似Team 2chであり、Team 2chの統計には反映されない模様。

2014年終了を以ってBOINCプロジェクトを終了すると発表されている。

Simulation One [edit]

linuxのみ 浸透保護現象の解析 熱のストレスによって、タンパク質を保護することができる小分子の解析

The Lattice Project [edit]

蛋白質構造予測。ほか分子生物学全般

数学系プロジェクト [edit]

ABC@Home [edit]

数学上の未解決問題の一つ「ABC予想」を解く

  • Team 2ch チームページ(チームナンバー122) ※ 2009年末から、長時間のWUが計算エラーになるトラブルがforumに報告されています。

Collatz Conjecture [edit]

GPU対応 3n+1予想またはHOTPO (half or triple plus one)としても知られる「コラッツ予想」を解く。 2008年に終了した、3x+1@homeの作業を引き継いでいる。 ※CUDA・ATI両方に対応(ATIは別途最適化アプリを入れる必要がある場合がある)

Enigma@Home [edit]

二次大戦中のナチス・ドイツで使われた暗号機「エニグマ」で作成された未解読の暗号文の解読 プロジェクトに明確なゴールが存在(宿題の塊としてという意味であり、プロジェクト全体でという意味ではない。)しており、Server statusで残りの総WU量やプロジェクトの終了予定時期を確認することができる 最適化プログラム?が存在し、場合によってはより効率的にWUを消化できる。

Mersenne@home [edit]

メルセンヌ素数探すプロジェクト

Moo! Wrapper [edit]

RC5-72チャレンジ GPUのみ参加可能

NFS@Home [edit]

b=2,3,5,6,7,10,11,12、nを整数とするとき、b^n±1の形の整数は素因数分解しにくいものが多い。 1925年に始まったCunningham Projectはそれを素因数分解するもので、NFS@Homeはその一環。 例えば2,856+は2^856+1を表し、69桁と155桁の素数に素因数分解できた。 場合によっては1GB以上のメモリを消費する。

※計算エラーが大量発生する場合、My AccountのEdit NFS@Home preferencesでlasievefのチェックを外します。

NumberFields@home [edit]

代数的整数論関連。

primaboinca [edit]

素数に関連した予想に対する反例を探し出す。

PrimeGrid [edit]

日常的にコンピュータを使用する人達に素数発見の面白さをもたらし、また素数関連の教材提供や数学分野への貢献も行う。

詳しい説明と導入方法はこちら

多くのプロジェクトが存在し、実行するプロジェクトを設定のページで選択できる。 定期的に特定のプロジェクトのみを対象としたチャレンジを実施している。

SZTAKI [edit]

11次元までの一般化された2進数系の探索

VGTU project@Home [edit]

DES Challenges

WEP-M+2 Project [edit]

メルセンヌ数+2の形式の素数を探索 Macとlinuxのみ

yoyo@home [edit]

4つのサブプロジェクトに分かれており、「ゴロム定規」と言う数学上の問題を解決するためのプロジェクトなどがある。 WCGのようなバッジ制度が導入されている。

YAFU [edit]

アリコット数列の計算及びソフトウェアのテスト マルチスレッド(cpuを多く消費する代わりに計算スピードが速くなります) 招待コード:yafu

物理学系プロジェクト [edit]

Einstein@Home [edit]

GPU対応 【天文物理学】一般相対性理論で予言された重力波の直接検出を目指す 最適化プログラム?が存在し、場合によってはより効率的にWUを消化できる。 GPU用のWUは解析中は1CPUを使用する

Albert@Home [edit]

Einstein@Homeのテストプロジェクト。

EDGeS@Home [edit]

プラズマの確率論的な微分方程式 磁気で電気的なフィールドと所定の温度と密度の背景プラズマとの衝突の面前で融合装置の中に小片の軌跡を計算する

Leiden Classical [edit]

古典力学の計算。 FreeBSDでの解析に対応している。

LHC@home [edit]

LHC加速器の中を進む粒子軌道のシミュレーション LHC加速器が故障中の時はWUの配布はない。LHC@homeよりもCNN等のニュースサイトの方が、LHC加速器の情報は早い。 LHC@home 1.0 SixTrack

Test4Theory [edit]

LHC@home 2.0のα版 9GB以上の空きディスク容量と512MB以上のメモリ空間が必要。 VIRTUAL BOXをinstallする必要がある。install後、自分で仮想空間を作ったり、OSをinstallする必要は無い。WUが配布されると、勝手に起動して何らかの作業を行う。 またBOINCをinstallする際、Protected application executionのチェックを外しておく必要がある。 Linuxの場合パッケージでインストールするとdeamonモード(Protected application execution有効)になるので、普通にインストールすること。 一度に1WUのみ送付される。

Magnetism@home [edit]

一時的な磁化パターンの探検 解析中に1WUあたり700MB程のメモリを使用する

OPTIMA@HOME [edit]

位置エネルギーが最小の原子のクラスター構造を見つけ、 異なる材料、化学反応と他の性質を理解することを目的とする

Quake-Catcher Network Seismic Monitoring [edit]

地震学の研究 CPUの数に依存せず実行可能。一度に3つ程度解析をする。ときに1CPUを消費する。 参加するには、三次元加速度センサーのついたlenovo社製のノートPC等が必要。 ついていなければUSB接続三次元加速度センサーでもよい。 bluetooth接続のwiiのリモコンや3次元センサー付き携帯電話でも可能という説があるが、成功例は無い。 wiiのヌンチャクをUSB接続し、認識させることは可能

Radioactive@Home [edit]

ガンマ放射線の解析。 しかし、参加するには特殊なガイガーカウンターが必要になる。 他のプロジェクトの処理状態にかかわらず実行できる。

Spinhenge@home [edit]

分子磁石およびナノスケールの磁気現象の研究

μFluids [edit]

微小重力状態での流体工学研究

nanosurf [edit]

次世代光学デバイスの開発

コンピュータ系のプロジェクト [edit]

BURP [edit]

公共3Dアニメーションシステムの構築 CPUの全てのCOREを使用し、解析を行う。 dual core CPUであれば2CPU、quad core CPUであれば4CPU使用する。そのため、他のWUと並列解析が出来ない。ただしGPU解析用WUとの並列解析は可能。 また64bitのCPU、OSで実行する必要がある模様。

下記のチーム名は「 Team 2ch」でありTeamの前に半角スペースが一個入っている疑似Team 2chであり、Team 2chではなく、Team 2chの統計には反映されない。

CAS@home [edit]

中国の科学界に分散コンピューテングを認知させるための一年限定のプロジェクト

DistrRTgen [edit]

「レインボーテーブル」と呼ばれるハッシュの逆引きを可能がデータベースを作成し、単純なハッシュルーチンの使用の不安定さを証明するプロジェクト

Renderfarm.fi [edit]

3Dモデリング関係。 BOINC Managerからは「Open Rendering Environment」と表示される。 BOINC Managerからはアカウントを作ることは出来ないので、まずuser accountでアカウントを作る必要がある。ここでユーザー名に「@」を入れるとエラーになるので注意。その後確認のメールが来るので、そこに書かれたURLにアクセスし、パスワードの変更をかける。 その後、BOINC settings→other account infoの順に進め、そこでユーザー名を変更すると「@」が利用出来る。

Surveill@Home [edit]

ホームページのモニタリング実験。あらかじめ設定されたページにアクセスする。 CPUを占有しないため、他のプロジェクトの処理状態にかかわらず実行できる。 2011年10月現在、新しいアカウントは作れない模様。

WUProp@Home [edit]

様々なBOINCで配布されるWUの特性(計算時間、必要メモリ条件、checkpointの間隔またはレポート制限)を収集する。 収集した結果は公表されている。 他のプロジェクトの処理状態にかかわらず実行できる。

ゲーム関連のプロジェクト [edit]

Chess960@Home [edit]

変則チェスの一種のチェス960の研究

BOINCのテスト [edit]

AlmereGrid Boinc Grid [edit]

Boincのアプリケーションや新versionのテスト

AlmereGrid TestGrid [edit]

コンピュータ系のプロジェクト Boincのアプリケーションや新versionのテスト

BOINC alpha test [edit]

BOINC alpha版のテスト

BOINC test project [edit]

BOINC alpha版のテスト

CERNVM/Vboxwrapper Test Project [edit]

VIRTUAL BOXをinstallする必要がある。install後、自分で仮想空間を作ったり、OSをinstallする必要は無い。WUが配布されると、勝手に起動して何らかの作業を行う。 1WUに対し2コアを使用する。

それ以外のプロジェクト [edit]

AtticFS Proxy Application Project on BOINC [edit]

ClimatePrediction [edit]

地球規模の気候シミュレーション、地球温暖化予測等 宿題はものすごく硬いが、計算途中でも随時ポイントがもらえる また、途中でエラーや中止をしてもそれまでのポイントがもらえる 64bit Linux の場合は32bitライブラリのインストールが必要

climateprediction.net preferencesで計算モデルを選択できる。そこのUK Met Office HADAM3は1年モデルで、少し柔らかい。

下記のチーム名は「2ch」であり疑似Team 2chであり、Team 2chではなく、Team 2chの統計には反映されない。

CPDN Beta [edit]

ClimatePrediction?の次期versionのテスト

Ciencia Em Sua Casa [edit]

DistributedDataMining [edit]

時系列解析と社会ネットワーク解析の分野の研究 javaの実行環境が必要

Gerasim@home [edit]

プロジェクトの内容は金融関係もあるし、科学関係なものもある。解析しているものの内容は非公開。 1PCあたり、デフォルトでは1日10WUまでしか配布されない。(最大:2000WU)

Pirates@home [edit]

テストプロジェクト

DG@Putra [edit]

mopac@home [edit]

Najmanovich Research Group [edit]

NanoModeling@HOME [edit]

Rioja Science [edit]

Solar@home [edit]

SubsetSum@Home [edit]

Taiwan Desktop Grid [edit]

Virus Respiratorio Sincitial (VRS) [edit]

Volpex@UH [edit]

GoofyxGrid@Home [edit]

無限の猿

Wildlife@Home [edit]

Pizza@Home [edit]

「BOINC中にピザを食べよう」という、BOINCとピザの愛好会。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-05 (水) 19:53:11 (137d)